葉っぱ助産院カルチャーセンター代表

葉っぱ助産院カルチャーセンター代表 助産師 山田葉子( やまだようこ )

【助産院でママ向けのお教室を始めた理由】

ママたちが気兼ねなくお子様を連れて出かけられる場所が必要なこと、子どもから少しの時間でも離れて自分の時間を持つことの重要性を感じています。

託児付きレッスンはそれにぴったり合っているのでは、と思っています。

【カルチャーセンター立ち上げについて】

2018年まで葉っぱ助産院院内で行われていたママ向けの託児付きお教室や座談会等ですが、2019年より外部の企業様やカフェの場所をお借りして開催することになりました。

助産院から外へ拡げた理由としては大きく3つあります。

1つ目は、お教室や座談会が年を重ねるごとに参加者の方も増えており、大変人気です。それだけママたちの需要があるのだと思っています。キャンセル待ちが出る講座もあり助産院のお部屋では手狭になってきたのです。

2つ目は、葉っぱ助産院に来たことのない人が参加しにくい部分もあるのかな?と思い、カルチャーセンターというオープンな形にして北九州中のママたちが集まってくれると嬉しいなと思います。

最後に、外部の企業様やお店等のお力をお借りする事で、もっといろんな事ができるのでは?という可能性を感じたからです。

ご受講くださるママと赤ちゃんに喜んでいただくのはもちろんの事、当カルチャーセンターの講師自身も子育て真っ最中のママだったり、子連れでのレッスンの方もいますので、ママ講師が楽しく働ける場を提供できるように尽力して参ります。

【経歴】

北九州市門司区出身

1993 年 徳島大学医療技術短期大学部 看護学科卒業

                 看護師免許取得

1994 年 徳島大学医療技術短期大学部 専攻科助産学

                 特別専攻卒業    助産師免許取得

2000 年 看護学士取得

2011 年 堤式乳房マッサージ法認定取得

2013 年 堤式専門母乳外来にて勤務

2014 年 母乳外来専門葉っぱ助産院開業

その他、愛知県内の総合病院やクリニック、千葉県内のクリニック、北九州市内のクリニックなど各施設の産科病棟にて助産師として約 10 年間勤務。

【自己紹介】

皆さん、初めまして。

葉っぱ助産院院長の山田葉子です。

当院は、出産後の母乳育児にお困りのママさんたちの為の母乳外来専門助産院です。2014年に開院以来たくさんのママさんに関わってきました。

元々私が助産師になろうと思ったきっかけは、看護学校の時に初めて見たお産です。

出産前は苦しそうな顔をしていた女性が、赤ちゃんが生まれた後に「母親の顔」に変わったのです。あの時とても優しい顔で赤ちゃんを見つめていたお母さんの顔は今でも覚えています。

その後助産師となり、母乳ケアに携わるようになり、色々な疑問が出てきました。出産した施設の方針や助産師の関わり方1つで、その後の母乳育児がスムーズにいくかどうか大きく左右されるのです。

ママさんたちは何が子どもにとって一番いいのかいつも一所懸命です。

痛みさえも、「私さえ我慢すれば」と頑張っているのです。

そんなママさんたちを前に、私はとても無力でした。というのも、実は助産師である私たちは母乳のことを助産師学校でほとんど習っておらず、乳房マッサージに至っては一度も学んでいないのです。正直先輩の「見よう見まね」でした。

そこで1年間乳房マッサージの研修に東京へ行き、さらにその後専門母乳外来で働き、やっと地元で開業したのが「葉っぱ助産院」です。

「葉っぱ」は私の名前の「葉子」からとっています。

8月生まれの私に母がつけてくれた名前です。

葉っぱ助産院を通して、これからも1人でも多くのママさんたちに笑顔になってもらえたらと思います。

■葉っぱ助産院ホームページはこちら(乳房マッサージ・産前後整体等)

Advertisements